PowerMateでPhotoshopのレイヤー透明度をつまみで調節する考察

自宅のPCをiMacに乗り換え、コーディングとかが楽だしカナ・かなキーのないUSキーボードにしてから、ブラシのサイズ変更がキーボードとペンタブ(option+control+ドラッグ)で簡単にできてしまって、それまでブラシのサイズ変更に使っていたPowerMateを持て余していた。

何か使い道はないかと思った矢先、

  • 押しながら回す入力をレイヤーの合成モードを変更
  • 普通に回す入力でレイヤーの不透明度を変更

上記をショートカットキーとして割り当てようと思い、やってみた。

前者は簡単に出来たが、後者はそもそもレイヤーの不透明度を1%ずつ増やすショートカットキーがないことに気づいた。

そこで、突貫工事でJSXで1%ずつ減らしたり増やしたりするスクリプトを見よう見まねで書いてみた。

  • ⌘ + Ctrl + +(プラス)キー
  • ⌘ + Ctrl + -(マイナス)キー

以上をそれぞれスクリプトが走るようにショートカットキーを割り当てたところ、動いた。

外部スクリプトを読み込むので動作は早くないけど、ラフから線画を描いていてちょっと背面の不透明度を微調整したい時や、仕上げ時に不透明度を微調整したいとき等には活用できそう。

100%以上、0%以下のときにそれ以上ツマミを回すとエラーのアラートが出てしまったり、レイヤーを複数選択している時は最上部のレイヤーにしか動作しなかったり、今後修正の余地ありだ。

DLはこちらか。自己責任でお願いします。

https://t.co/Em8Xg3uFNb

https://t.co/DXUwoOI0vw

1 2 3 4 5